「電子工作」タグアーカイブ

ユニバーサル基板を使った回路組立

 ユニバーサル基板を使った回路組立のテクニックを簡単にまとめました。時間がない方はこちらをご覧ください。

(1)部品配置を考える

  • 信号の流れに沿って配置する(配線を短くするため)
  • 部品の向きを揃える(ミスを防ぐため)
  • 配線が少なく短く済むようにする(見た目を良くし材料を節約する)

(2)部品を固定する

ユニバーサル基板部品固定
ユニバーサル基板への電子部品の固定
  • 抵抗やコンデンサは最初に付けない(あとで部品の足で配線すると楽)
  • 熱に弱いICやトランジスタはソケットを使うか最後に付ける
  • ピン数の多い部品は最初は両端または対角の2本だけをハンダ付けする

(3)GNDを配線する

  • すずメッキ線を銅箔の中央を通し直角または45°にハンダ付け
  • すずメッキ線を短く切らないで数珠つなぎにする
  • 接続点は十分に加熱して確実に電気が通るようにハンダ付け

(4)電源を配線する

  • GNDの配線と交差してはいけない(ショートしないため)
  • できるだけすずメッキ線で配線する(配線が楽で美しい)
  • どうしても交差するところだけビニール線を使う

(5)残りの信号線を配線する

  • できるだけ抵抗やコンデンサのリード線を曲げて配線する
  • 遠いところや交差するところはラッピング線を使う
  • 信号線の配線に赤や黒の電線を使わない(電源やGNDと混同する)

ユニバーサル基板を使った詳細な組立方法はこちら