「プログラムコントローラー」タグアーカイブ

GX WORKSプログラミング

プログラム・ロジック・コントローラーFX-1S-20MT

 三菱電機株式会社のFX-1Sとラダー開発用ソフトウェアのGX Works2(GX works3)を使ったプログラム・ロジック・コントローラーのラダー・プログラム作成の手順について解説します。

 GX Works2(GX Works3)とFX-USB-AW接続ユニットのドライバーのインストールは完了しているものとします。まだ完了していない場合は下のリンクをクリックしてください。

GX Works3のインストール

接続ケーブルFX-USB-AWのインストール

GX Works2の起動

 GX Works2のアイコンをダブル・クリックするか右クリックして管理者として実行または管理者として実行が表示されない場合は開くをクリックするとソフトウェアが起動します。

新規作成

 ウインドウ左上の「ファイル」プルダウンメニューから「新規作成」を選ぶとプログラム・ロジック・コントローラー(シーケンサー)の機種を選択するダイヤログがポップアップしますのて、使用する機種(FX-CPU,FX-1S)を選択してOKをクリックします。

新規プロジェクトの機種設定

 すると空のプロジェクトが作成されますので、このウインドウにラダーを入力します。入力される場所は青枠で囲まれた部分で、マウスでクリックすると直接場所を指定でき、キーボードの矢印キーで上下左右に動きます。

空のプロジェクト

ラダーの入力

 ウインドウ上部のラダー要素アイコンをクリックするか、キーボード上部のファンクションキーを押せばラダー要素を入力できます。

 F5キーを押すと青枠の場所に作動時にオンになるメーク接点(a接点)を入力できます。F6キーを押すと作動時にオフになるブレーク接点(b接点)を入力できます。F7キーを押すとリレーコイルやタイマーリレーコイルを入力できます。

 これらのキーを押すと、接点番号を入力するダイヤログがポップアップし、接点番号を入力してEnterキーを押すかOKをクリックします。

ラダー要素の入力

 ちなみに三菱電機のシーケンサーでは、入力はXと数字、出力はYと数字、リレーコイルは出力なのでYと数字またはタイマーリレーの場合はTと数字に半角の空白(スペース)を押してからKに続きタイマーの設定時間(基本は0.1秒単位)で入力します。タイマーの設定時間は1で0.1秒、10で1秒、100で10秒になります。小数点は入りません。

続けてラダー要素を入力
縦線を入力

 間違えた場合は、消したい縦線の右上に青枠を移動して、縦線×をクリックすれば縦線が消えます。

コイルを入力する前

 ラダー要素を入力するとポインターが右へ移動します。リレーコイルは横線を入力せずともコイルのアイコンをクリックするかF7キーを押して接点番号を入力しEnterキーを押すかOKをクリックすれば自動的にラダーの右端に配置されます。

コイルを入力したところ

 ラダーの入力が終わったら変換アイコンまたはF4キーを押すとシーケンサーに書き込める状態に変換されます。

変換後

 変換の際にエラーがあるとエラーのある行がグレーで表示され、「エラーのある行を削除しますか」と聞かれるので、必ず「いいえ」を選択してください。

 ここで「はい」を選択するとエラーのある行が全部削除され、入力した時間が無駄になります。

 エラーを修正し、正しく変換が完了すると背景が全部白くなりますので、この時点で「ファイル」「名前を付けて保存」を選び、保存先のフォルダを指定してファイル名を入力(日本語のファイル名も可能)してEnterキーを押すとラダーや設定がGX Worksのプロジェクトとして保存されます。

 書込みの前に左下の「接続先」をクリックし、Connection1をダブルクリックして設定を確認します。

接続先の確認

プロジェクトの書込み(ダウンロード)

書込み

 書込みのアイコンをクリックすると、書き込む項目のダイヤログがポップアップしますので、少なくとも「MAIN」の右をクリックしてチェックを入れ、実行をクリックするとシーケンサーに書き込まれます。

 本来ならばシーケンサーのRUN/STOPスイッチをSTOPにしないと書き込めないのですが、FX-1以降の機種では自動的に遠隔でSTOPして書き込むことができます。

 その場合、「リモートSTOPしますか?」と警告のダイヤログがポップアップしますので、OKをクリックするとリモートSTOPの後に自動的に書き込みが始まります。

書込み

 書込み中は進行状況を示すダイヤログがポップアップし、書き込みが終了したら「リモートRUNしますか?」とダイヤログがポップアップしますので、OKをクリックすると遠隔でシーケンサーを起動し、プログラムが実行されます。

 いきなり機械が作動するようなラダーを描く人は居ないと思いますが、機械の周囲に人が居ないかを確認してからRUNしてください。

リモートRUNの警告

 プログラムの書き込みに失敗する場合は、変換ユニットかケーブルが正しく装着されていないか、デバイスドライバーが正しくインストールされていないか、COMポート番号がCOM0とCOM1以外になっている可能性が高いので、Windowsの「スタートボタン」を右クリックしてデバイスマネージャーを開き、ポート(COMとLPT)をダブルクリックして展開し、黄色い警告マークが付いていないかとFX-USB-AWがCOM1になっているかどうかを確認してください。

書込み中のプログラマブルコントローラー実験装置

 もし黄色い警告マークが付いていたら、デバイスドライバを更新し、COM1になっていなければ右クリックして「プロパティ」を開き、「ポートの設定」タブをクリックし、ダイヤログ左下の「詳細設定」をクリックしてCOMポート番号をCOM1に設定し、OKをクリックして修正してください。

接続ケーブルFX-USB-AWがCOM1になっているか確認