アクチュエーターとは? (2)

AC(誘導)モーター

 交流で回転するモーターで、大きなパワーのものも作られています。基本的に周波数に比例した速度で回転するため、速度を変えるのは難しく、負荷によって速度が変わったりするので、動力としては優れている反面、とっても制御しにくいモーターです。

 昔はエレベーターやエスカレーターなどにも使われていましたが、バリアフリー化の要請もあって速度を任意に変えられるACサーボモーターに急速に置き換わりつつあります。

 とは言え、安い掃除機や洗濯機などには現在も使われていて、製造販売している重電メーカーも多いです。

ACモーターの画像です
AC誘導モーター(AC Induction Motor):交流を回転力に変える

リニアアクチュエーター

 直線(リニア)運動をするアクチュエーターで中身はモーターです。回転動力を内部の台形ネジとナットで直線運動に変換し、その減速効果で大きなパワーを得られ、下の写真のもので移動距離(ストローク)850mm、最大荷重40kg、最高速度400mm毎秒と思ったより速く動きます。

 これを見た私の教え子は「ガンダム」や「サンダーバード」に登場する発射台(カタパルト)みたいだと言っていました。

 ※危険なので決して乗らないでください。

リニアアクチュエーターの画像です
リニアアクチュエーター:素早く移動距離の長い直線運動ができる

投稿者: takami

専門誌にインターフェースに1984年から執筆。専門学校講師としてメカトロニクスを教え22年。その他セミナー講師多数。電子回路設計からソフトウェア開発、電子機器開発、ファームウェア開発、データ通信、電話工事など何でもこなし温泉旅行とカラオケが趣味。近場でカラオケ好きな技術者と経営者の方と知り合いになりたいです。

コメントを残す