メカトロニクス目次

メカトロニクス構成要素図
メカトロニクスの構成要素

メカトロニクスとは、「メカニカル」と「エレクトロニクス」を合成した和製英語で、直訳すれば「機械の電子制御」になります。

機械を電子化することにより、精度が上がったり、安くなったり、高機能になったりしますが、一番の利点は自動運転できるようになることです。

 メカトロニクス技術者は、新型コロナウイルス後の日本で更に必要とされること間違いありません。何しろロボットは新型コロナウイルスには感染しません。気を付けないとコンピューターウイルスには感染する可能性はあります。

 メカトロニクス技術を習得すれば、単なる機械設計技術者よりもずっと引く手あまたですし、給料も高いです。また、どんなに人工知能が高度化しても、ほとんど影響を受けることもないと思います。

メカトロニクス教科書(18ページ)

機械技術者のための電気・電子(136ページ)

個々の解説は下のリンクをクリックしてください。

電子技術はdenshikan.com